トランクルームの利用者が増えている要因

限りある自宅の収納スペースでは足りないという理由だけでなく、最近は在庫を置くために使用する企業や、災害対策として荷物の分散化や自宅にある棚などの倒壊を防止するために除去し、スペース不足をトランクルームで補うという方法にも注目されています。

トランクルームの種類ランキングベスト3

女性
no.1

屋内ビルドインタイプ

ビルなどの屋内に設置されています。多くの場所で24時間365日利用できる利便性も高く、コストは高めですが、空調管理がされていて警備や防犯カメラなど防犯面も整っています。そのため、企業にとって利用しやすいというメリットがあります。

no.2

屋内のコンテナタイプ

倉庫内にコンテナを積み上げて保管していきますが、料金も手ごろで大きな荷物の収納も可能です。荷物の出し入れは事前に連絡が必要で、自分たちではなくスタッフの手で行われます。スタッフの手が入るからこそ安心で安全というメリットがあります。

no.3

屋外のコンテナタイプ

収納量が多く、料金が他のタイプよりも安いという魅力があります。敷地内には車で入ることができ、収納コンテナの横づけすることが可能です。
ただ、空調管理がされていないことも多く、湿度や温度管理ができないため品物によっては避けたほうがよいというデメリットもあります。

収納に困ったらハローストレージを利用しよう!

倉庫

トランクルーム選びのポイント

ハローストレージでは、トランクルームを貸し出しています。トランクルームは、場所や金額、荷物タイプがキーとなって選んでいきます。衣類や仕事道具などいつでも取りに行きたい、頻繁に利用する場合には、場所に注目しますし、一時的に利用するだけという場合には金額や場所で決めるのもおすすめです。カビや温度で品物の劣化は避けたいという場合には、空調管理がしっかりしているところを選びましょう。
とにかく安くしたい、室内の温度は気になるがある程度は大丈夫という場合には屋外コンテナを選択してもいいですね。

倉庫

利用時の注意点をチェック!

トランクルームは今は必要がないもの、処分はしたくないものなどを預けることができ大変便利なサービスですが、預けられないものも多数あります。
例えば、屋内トランクルームでは、警備体制や監視カメラなども設置されていてセキュリティ面でも安心できますが、現金や有価証券などは預けることができません。また、料金に注目してしまい、衣類などを屋外コンテナに預けたらカビてしまったというケースも少なくありません。預けられるもの、品物に環境が適しているかを考慮して利用をしましょう。トランクルームはセキュリティ面や環境面でとても最適なのですが費用を抑えてとりあえず荷物を保管したいという場合は物置を購入するという選択肢もあります。物置であれば毎月費用を支払い必要なく、自分の好きな時に利用できるので大変便利となっています。しかし、物置を設置するスペースがないという場合は利用できないので注意しましょう。

物置きが欲しいならアクセス!

ハローストレージの特徴

倉庫

Webで手続きをすすめていける

ハローストレージでは、ある程度の手続きがWebで行うことができ手軽さが特徴的です。Webでの手続きのなかでも、特にクレジットカード払いを選ぶと物件選び~申し込み・契約関連書類の受け渡しや返送、支払いまでWebですすめることができます。

自分の都合に合わせてトランクルームを選べる

全国に屋外・屋内合わせて83,000室以上のトランクルームが用意されています。自宅や会社など自分に都合のよい場所からトランクルームを選ぶことができるのです。屋外タイプではコンテナ前まで車の乗り入れ可能で大変便利に利用することができます。

安心できる防犯対策と保険

選べるトランクルームは大小スペースから選ぶことができます。リーズナブルの料金で利用することができますが、警備体制や防犯カメラの設置、保険は屋内外ともに自動付帯されています。

物置きが欲しいならアクセス!

困ったときは貸倉庫を活用しよう♪